部屋と同じくらい重要?賃貸物件は収納を重視しよう!

admin / 2020年10月13日

収納がなければ部屋が狭くなる!

賃貸物件を探すとき、「2LDK」など、間取りについては重要視すると思います。一方で「収納」については、それほど重要視しない人もいるかもしれません。しかし、収納は住む人にとって間取りと同じくらい重要です。例えば、オシャレをするのが好きで洋服をたくさん持っている人がいます。この人が1LDKの部屋に引っ越すとき、収納がまるでない場合は、寝室かリビングに洋服ダンスなどを置いて、服を片づけることになります。服が多い場合は、寝室が服で埋まってしまい、寝ることすらできなくなるかもしれません。この場合、1LDKではありますが、実質ワンルーム+収納の部屋に住んでいるのと変わりません。このように収納は一部屋と同じくらい重要な要素になります。

内見をして収納の広さを確かめよう!

収納の充実度を知るために、間取りをチェックする方法があります。賃貸物件紹介サイトで物件選びをする時は、部屋数にはカウントされていない収納をチェックするため、間取り図をよく見るようにしましょう。ただし、部屋の広さは平米数で正確に記されているのに対して、収納部分の広さは数字で記されていません。そのため、気に入った物件があったら、内見をすることをおすすめします。この時はメジャーを持っていきましょう。内見時に収納部分をメジャーで測り、どの程度の広さがあるのかを正確に把握するようにします。現在住んでいる部屋の収納と比較すれば、新居の収納の充実度が手に取るようにわかるはずです。部屋が少なくても収納が広ければ、広々と住めるため、収納のチェックは怠らないようにしましょう。

札幌中央区の賃貸物件は、主要駅の札幌駅から近いということもあり、道内でも人気の高いエリアです。間取りがワンルームの場合、家賃相場を比較すると東京都の賃貸物件と比べ、3万円ほど安価な価格帯です。